記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「竹林はるか遠く」の続編を読み終えた。戦後引き揚げ者の物語

「竹林はるか遠く」の続編を読み終えた。

1作目は泣いたのだけれど2作目の今回は泣かなかった。
最後は危なかったけども。
戦後の引き揚げ者の過酷な生活の実体験の話し。





今回は両親不在の中、兄弟3人で貧しい生活の中、生死の確認も取れない父の帰りを待つという状況。
やはり粗末な食事でも食べれるだけで幸せを感じている場面が印象に残っている。

あとは引き揚げ援護局についた場面。
たくさんの人でごった返している、物乞い、飢えている人、疲れ切っている人、手足を失った人、子連れの悲しい顔をした母親。

頭の中でこの情景がありありと浮かんできた。

骨と皮だけの少年がそこで寝ている男の毛布を盗んで逃げる場面があるのだがつかまってしまって地面にたたきつけられて死んでしまう。
周りの人は怖くて何もできない。

なんて悲惨なんだろう、盗みは良くないがその少年だって生きるのに必死だった。
殺すことはないだろうに。

著者のヨーコさんのように聡明で思いやりのある人の親はやはり同じようによくできた人なのだとも思った。

最後の終わりにのページには今までの登場人物のその後も載っていてなんだか一つの人生を経験し終わったかのような気持ちになってしまった。
人生を全うした達成感と人生が終わる寂しさが入り混じった感情だ。

訳者あとがきには訳者が姉の好さんに実際お会いした話なども載っていて面白かった。

戦後70年の年でTVなどの特集でいろいろ考えさせられたこの夏。

実は手元にほかの引き揚げ者の話しの本がまだ2冊ある。

わたしはまだ知らなきゃいけないことがたくさんある。

著者のヨーコさんには感謝しなければいけないな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazutoshi21

Author:kazutoshi21
アラフォー引きこもり低収入、節約と投資で目指せセミリタイア。もういい加減働かなくていいですよね?

姉妹サイト

(新メインブログ)底辺ブログ http://teihenkabu.hatenablog.com/
投資と節約メインのもう一つのブログです。
(旧メインブログ)底辺手取り21万円が節約のため株はじめた http://setuyaku21man.blog.jp/

スポンサーリンク

オススメ調理器具

安くて便利、主力の調理器具

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーリンク

ブログ村

人気ブログランキング

ブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。